賃貸か持ち家か論争

節約王の思うこと
Old house facade with a window, against blue sky.

賃貸か持ち家か、永遠のテーマ。

我が家は「賃貸」です。

この永遠のテーマについて、答えは無いと思います。

なぜならその人の環境によって、どちらもメリットとデメリットがあるからです。

皆それぞれ自分にとってベストな選択をしているわけですので、どちらか一方がベストで優れているとも言い切れません。

しかし、私なりに考えたこの論争についてのベターな答えを紹介します。

賃貸派のメリット

  • 生活スタイルの変化に合わせやすい(子供の数や成長、転勤等)
  • 隣人にヤバめの人がいても引っ越せる
  • 備品の修繕費は基本的に大家持ち
  • 固定資産税、不動産取得税等の税金がかからない
  • 災害で建物に被害があっても費用負担なし

持ち家派のメリット

  • 社会的ステータス
  • ローンが組め、それに伴う還付を受けられる
  • 好きにカスタマイズできる
  • 自分の所有物になり売却・賃貸ができる

結局どっちがいいのか

賃貸派のデメリットは持ち家派のメリットとなり、逆も同じ。

つまり、結局は自分の生活スタイルにあてはめてどちらがベターかで決めるべきですね。

会社から家賃補助が出る場合は、賃貸が良いと思います。

例えば、家賃補助で3万円を30年もらえば、それだけで1,080万円となります。これはデカイですよね。

家賃補助は雇われサラリーマンの特権です。

他方、持ち家派のローン完済後は自分の所有物になるという最大の論拠について。

今日ですら空き家問題が深刻化している日本で、30年後の不動産市況なんて明るいはずがありません。

人口も減少し、不動産の需要(相対的価値)も下がる中、ボロボロになった築30年の家が売れるとも思えません。

そこで、私的には今のところ「賃貸」に軍配が上がると思ってます。

今後は「oyolife」のような新しいスタイルの賃貸に注目しています。

機会があれば福岡市の賃貸事情についてご紹介します(*’▽’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました