図書館を使った節約法

節約
books in the library background

図書館を使って書籍代を節約!

みなさんは本を買っていますか?

私は本を一切買いません。

本は漫画でも1冊何百円し、専門書になると何千円もします。

しかも、本は一度読んで知識にしてしまえば、その後は殆ど開くことはありません。

さらに!

本は場所を取ります。

本の整理のために本棚を買い、さらに出費が増えていきます。

そこで、おススメするのが「図書館」です。

今、図書館は驚くべき進化を遂げています。

しかも、この図書館、活用の仕方次第ではかなり節約に一役買ってくれます。

進化する図書館 電子書籍

今の図書館は本を借りるだけの施設ではありません。

「電子書籍」 を貸してくれる図書館もあります。

電子書籍は、タブレットやスマホで好きな本を読むことができます。

図書館によってダウンロード対応のところや、IDとパスワードで図書館HPにアクセスする方法のところがあるようです。

方法がわからなければ図書館の司書さんに聞けば親切に教えてくれます(^^)

電子書籍なら返却に行く手間も省けます。

凄くおすすめです。

図書館は新刊雑誌の宝庫

あまり知られていませんが、どこの自治体の図書館にも必ず新刊の雑誌が用意されています。

ファッション誌、ビジネス誌、旅行雑誌、スポーツ紙、新聞に至るまで。

図書館でゆっくり座り読み、心が落ち着きます。

私は自宅で本を読むことも好きですが

「図書館」という独特な雰囲気の中で読むことも大好きです。

CD,DVDも借りれます

図書館によっては、CDやDVDを借りれるとこともあります。

ほとんどの図書館では視聴コーナーが設けられており、個別ブースでゆっくり視聴することができます。

わざわざT〇UTAYAに行って借りるより、無料で借りましょう。

新刊やマニアックな本は購入希望を出すべし

芥川賞の作品や有名作品は人気の為、必ず予約しましょう。

予約しておけば比較的早く新刊を読むことができます。

あと、マニアックすぎて書店に置いていないような本は購入希望を出すことができます。

購入希望は必ず購入されるとは限りませんが、私の経験上、殆ど数か月後には殆ど購入されているようです。

購入されなくても、他の自治体化から図書館が借りて転貸してくれることもあります。

とにかく読みたい本は司書さんに相談してみましょう!なんとか方法を見つけてくれます。

まとめ

書籍代年間1万円と考えると、30年で30万円節約できます。

私たちが納めている住民税。

しっかり活用したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました